すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

アニメ作りのデコボコチーム



設定資料も片手間に作っています。

演出作画の田野です。
描いたキャラクターも、色をつけなければただの線の集合です。

そのキャラクターの配色も、仕上げの中沢さんに手伝ってもらいながら僕が設定しています。


この前仕上げたレイアウトから、新しいシーンに入りました。

登場するキャラクターも変わり、新しく色設定やら小物設定やらが必要になりました。
原画を週産3カット(完成するギリギリです)で維持しつつ、空いた時間で設定も書き進めていくので、なかなか骨が折れます。


でもiPad(新しく買いました!)をいじってしまうから、時間なくなるのです。

新しいガジェットは良いですよね。
僕はずっとしまっていたデジカメを出してきましたので、iPhotoつかって写真を楽しみたいなとか考えています。

ちなみに今日の写真もそのデジカメで撮ったのです。
なかなかきれいに撮れるものです。


色決めも、仕上げの人と打ち合わせて決めます。

ただ色を決めるだけではなく、どこをどうやって塗り分けるか、
そして色を塗るときに無理がないか、十分綺麗に仕上がるかなど、打ち合わせて決定します。

あまり絵がうまくないので、色をおろそかにしたくはありません。
映像全体で色を調整しつつ、うまく仕上げていくのは大変ですが、とても楽しいです。


頑張った結果です。

なかなかいい感じに、落ち着いた色合いで仕上がったと思います。
これを仕上げの中沢さんが、ちゃんとした資料に仕上げてくれます。


ところで、旅行に行っていて数日間お休みしていた動画の藤田さんがお土産をくれました。



初陣 しぼりたて    みつお

だって人間なんだものみたいな文字ですね。


レイアウトという画面の完成イメージのようなものを僕は描いています。

キャラクター描くのも楽しいですが、背景を描くのも楽しいです。
時間もかかりますが。


こんな感じになりました。

やっぱり背景があると、紙がいっぱいに埋まって楽しいです。
スキャンされたものを勝手に貼り付けましたが、怒られないか心配です。


レイアウトの後は、動きです。

動きの設計図となる原画を僕が仕上げると、撮影の三浦さんが丁寧に映像にしてくれます。
ペイントソフトで合成して仕上げてくれています。

手間暇かかりますが、手作りな感じがして良いです。
この撮影された映像を見て、イメージ通りなら良し。
少しでもダメなら、またやり直しです。

レイアウトをやり直すのは嫌です。描くの時間かかりますから。
もしダメな感じでも、できるだけ原画のほうを修正して対応します。


下書きもいい感じです。

色分けがしてあって、にぎやかですね。



Twitter眺めていましたら、手書きアニメーションでPVを自作したというものが話題になっていて、
僕も見ました。
一人でアニメを何年もかけて作り上げるのは、すごいことだと思います。

僕たちの映像は6月にはひとまず、完成する予定です。
少しでも品質を上げて、夏に間に合えばいいなと思っています。

明日も頑張ります。


本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.