すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

アニメを作る!美術編

こんばんは,演出原画の田野です.

僕は原画担当なのですが,実は美術もやっています. 今回は美術編として,スタジオゴルゴンゾーラ美術の仕事をご紹介します.

まずは美術の大まかな仕事内容をご説明しましょう.

美術にはみっつの仕事があるよ!

まずは「背景美術」です. これはレイアウトから背景をかき起こす仕事です.大変です.

次に「色設計」です. これはキャラクターの基本配色を決める仕事です.そんなに大変じゃ無いです. ここで決められた設定は「N色設定」と呼ばれて,いろんなところの指定に使われます.

最後に「美術調整」です. かき起こした背景や,試験撮影の画像をみて全体の色味を整えていきます. 大変です.

それでは一つずつご紹介していきます.

今回はこのカット(上)が最終映像(下)になるまでをご紹介します. 原画編でもご説明したカットですね!)

動作欄に「後ろにあるのはドラフト」と注意書きがはいっています. これは「ドラフトチャンバー」のことでしょう. 頭に止めておきます.

原画編ではレイアウトというものを描きましたが, これがそのまま背景の下書きになります.

これです.

レイアウトと呼ばれるこれは, 画面の中でのセルの位置や,背景の構成,撮影処理の指示(打ち合わせ)に使われます. (原画編も併せてご参照ください)

重要なのは「背景の構成」と「撮影処理の指示」です. 先ほどご紹介しました絵コンテの画面構成欄は, だいたいの構成のみ書き込まれていて,詳細が分かりづらくなっています. なのでレイアウトを確認して,詳しい背景の構成を把握します.

ト書きをみますと, 左側のものは「壁」と「ドラフトチャンバー」で間違いないようです. 右側にあるのは「実験机」らしいです.

まずはレイアウトを開きます.

美術の仕事はPhotoshopを使っています.

ブラシなど特にカスタマイズをしていません. (カスタマイズしようと考えたことはありますが,難しすぎてやめました)

この記事のために途中のファイルをたくさん用意しておきました. ステップバイステップでいきたいと思います. 一回やってみたかったのです.

まずは大きめのブラシで色を置いていきます.

下塗り」です. この段階でどのような配色にするか,どのような明るさにするかを決めます. あくまでも下塗りなので,本編素材にはこの色は出てきませんが, ある程度固めるつもりで描きます.

細部を書き込んでから色を調整すると, バランスを整えることが難しく,失敗してしまう可能性があがります.

セルの裏の部分ですが,動きを考えて背景を余分に作っておきます. 無駄な部分まで書き込むのは意味ないですからね!!

線画を消して,全体のバランスをみてみます.

線画が消えると画面が弱くなったような印象があって怖いですが, ここは我慢して塗り続けます. 終わらないとスケジュールが詰まっていますので,なんとしても,終わらせないと. 終わらせないと.

左側のドラフトを少し書き込んでみました.

線画が何も無い状態では描きにくいので,薄く出しておきます. ただ実際の画面にはこの線は出てきませんので,それだけは注意します.

描くときには,コツがあります. (本で読みました!本で!

別のカットの背景の一部です.

光が当たる側の境界線は明るい色で. 光が当たらない側の境界線は暗い色で書き込みます.

できるだけ暗い色を使うと,なんだかそれっぽくなります. (でも怖くて明るい色の背景を作ってしまうので困ります)

左側をなんとか書き込みました.

すこし色が明るすぎる気もしますが,このままいきます. 書き終わらないと,調整も出来ませんので.

小さなシールまで書き込みます.

ただ,この後の撮影処理(ぼかし)で全て消えます. でもそこに「文字がある」ことが大事なのです.そう信じています.

そのまま右側も書き始めました.右側下にタブレットを置きます.

画像検索などで「実験机」を検索して, 詳細を描き込んでいきます.タブレットとか,リトマス試験紙の箱とか, くじけそうになりますが,がんばります.

諦めそうになったときは,書き終わった部分を見て精神状態を落ち着かせます. 自分自身との闘いなのです.

全て塗り終わりました.

もっとステップバイステップでご説明したかったのですが, 保存していた画像の数がそこまでありませんでした. 背景の書き方は,本や参考サイトをご覧になるのが一番良いと思います.

一応書き終わりですが, びびって明るい色で塗りましたので,画面が明るすぎます. これでは「明るくする撮影処理」が使えなくなりますので,すこし明度を下げておきます.

実際には仮撮影(試験的に未調整の背景とキャラクターを撮影で合成)で, 画面の色味の見本が出てきますので,それで明度の調整を打ち合わせます.

明度調整後の背景です.これをPNGファイルに書き出してカットに登録します.

ここまでが美術の第一の柱「背景美術」です. 最初から6時間ほどかかっています.相当大変ですね.

ここで「旧作(森の奥停留場)わかば設定」で仮塗りしてもらったセルを置いてみます.

この時点で色設定がありませんので, こういう場合は前作の設定から色をもってきます.

確認して初めて分かる,このまとまりのなさ.

まとまりとはなんでしょうか…?

さておき,このままでは画面として成り立ちませんので, 今度はセルの配色を調整していきます.

これが二本目の柱「色設計」です. (この顔,何かに似ている気がします…)

色調整前(上)と色調整後(下)です.

肌に赤みをさし,それを基準にして各色を整えました. ついでに主線色も肌色に近づけるように変更します.

このあとの撮影では「DF(ディフュージョンフィルタ)」という処理をセルにかけます. これは明るい色だけを「飛ばす」効果処理です. この効果をかけることを前提に「明るい色」と「暗い色」のメリハリをつけていきます.

普通のイラストとは違って,これで完成品という訳では無く, この後の撮影処理をイメージして色をおいていきます.

この色設計を元に,仕上げで「設定化」をします.

こうやって出来あがった設定に「A01-P000」といった番号が振られ, 色指定に使われるようになります. 基本的にシーンごとに色設定を変えていきます.

前作の色設定と少し比べてみましょう.

前作と比べますと,赤みが加わりメリハリのきいた色設定になっていると思います.

これを撮影して,最終確認用の画像を作ります. ここでの撮影処理は本編撮影と同様の効果をかける,ホンモノのものです. (今までの工程ではただ素材を置いただけの仮撮影もありました)

なんということでしょう.

以上の調整をして撮影を通しますと,このような映像になります. これは最終的な映像ですが, ドラフト映像から,フィルタやキーの調整を撮影と一緒になっておこないます.

これは「美術調整」という工程で, 撮影画像をもとにして,セル色の一時変更や背景色の変更も行うことがあります.

以上が美術のお仕事になります.

これをレイアウト/原画の合間を縫って進めるものですから,すごく疲れます. ただ,完成映像を見ることの出来る工程なので,やりがいはあります.

ただ疲れるので,背景描きたくないです. 背景描いてくれる人,いつでもウェルカム.

次回はいよいよ「撮影編」です. 完成映像が作られる様をどうぞお楽しみに!

<特集 アニメを作る!>  第1回 原画編 http://blog.gorgonezola.com/2014/11/make-animation-1.html 第2回 取込み/原撮編 http://blog.gorgonezola.com/2014/11/make-animation-2.html 第3回 動画編 http://blog.gorgonezola.com/2014/11/make-animation-3.html 第4回 動画検査編 http://blog.gorgonezola.com/2014/12/make-animation-4.html 第5回 スキャン・仕上げ編(1/2) http://blog.gorgonezola.com/2014/12/make-animation-5.html 第6回 スキャン・仕上げ編(2/2) http://blog.gorgonezola.com/2014/12/make-animation-6.html

本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.