すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

世界の仕上げから 〜本日は森の奥停留場からあいかの手帳まで〜


ドーモ、ミナ=サン。仕上げの中澤です。

先日更新されたブログで、急に色設定の話を振られたところでうろたえております。

 Live2Dなどで新しい技がどんどん入っているゴルゴンゾーラの中で、あまり代わり映えがしないところではありますが、簡単に現在までの色設定の作り方なぞを話していければと思っております。

 さて、一番うえにありますのは、普段私が作成しております色指定用の画像でございます。
 大本になる色は、私の色彩センスが前衛的なのかあまりいいものだと言われないため、演出デスクの田野さんにお願いしております。


そこで設定された色を元に、彩色を施し、また画像中の色指定用ボックス(矢印の部分です)を作って設定としております。


各ボックスの色の位置としてはこんな感じです。指定のない色のところは斜線を入れ、設定がないことを示しております。

実はこれ、意外と最近になって固まった形になっています。


 こちらは前作、森の奥停留場の初期色設定です。この色指定は、私が仕上げとして作業を開始して間もない時期のものです。

 すべて横に配置していますね。コレではどこにどの色を置いていくのかというのがいまいちわかりづらいことになっております。

 コレを使っていた頃は「横に完成図があるからそれを見ながら塗ればいいでしょ?」ということでしたので、こんな形になっていました。


 その後、キャラデザ変更と共に制作されたのが、こちらの色指定表です。

 いろいろなアニメーションの色指定表を見せていただき、上から順に明るい色を乗せていったほうがわかりやすいだろうということでこの形になりました。


 また、この時は、新しく野村さんが彩色に加わっていただいたため、このような仕上げ用の解説書を作りました。
 意外とコレが大変だったのですが、


そのあたりの苦労は、前作「森の奥停留場・制作ノート」にて書かせてもらっています。(手に持っているのはDVDです)
こちらから通販をしておりますので、持ってない方はここから買って読んでね!!


 さて、

 この色指定でも、少々わかりにくい部分が出てきました。
 色指定ボックスが無秩序に置かれているため、「アレ? 肌色のボックスはどこにあるんだ?」ということが度々ありました。
なぜそんなことになったのかといいますと、色数が増えたため、一つ一つの色指定ボックスを小さく、そのボックスも空いている部分に私が塗る順番で配置をしておりました。

やっぱり参考にしたい色の近くから参考にしたほうがやりやすいに決まっています。


 そんな理由から、最新作「あいかの手帳」で、このような形になりました。

 目や口など、狭い部分でたくさんの色を使っている場所では、指定の部分を切り出して拡大することで、よりどこにどの色があるのかをわかりやすくしました。

 このフォーマットで一旦は完成とし、現在制作中の作品資料にも使用しています。


 いかがでしょうか。

 実は最初、この話を振られた時は「正直そんなに変わっている部分ないし、記事として成り立つのか?」と思っていたのですが、意外と改良を加えていたことに気づきました。

 実は彩色のほうでも、ちょっとずつミスやリテイクを減らせるよう工夫をしていたりするのですが、そのあたりの話はまた別の機会に。


バーイ!!

本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.