すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

3DCGに挑む!リギング・アンド・エッジ

ちょっとだけ笑っています.

動画の田野です. 今日はお休みですが,僕が更新します. ちなみに今は出先なのですが,ローソンで買った高いおにぎりがおいしかったです.

鳥ふりそで炭火焼(おいしくないわけがない!)

さて, 先日のブログで,僕はリギングを試しているところだと 言及がありましたので,そこについて地味に更新しておきます.

もちろん,作ったモデルが動くようにしないと,動画を作れません.

モデルを動かすための設定をリギングと言うようです(初耳です) そこでリグ付けのために,本を読んでいたのですが, これがむずかしいんですね.

ざっくり分かったところで,実際に試しながら進めてみることにしました. 日付もぎりぎりでしたので.

体の部分のボーンにはBipedを使うことにしました

少し前までは,リギングのために別途プラグインが添付されていたようです. それが最近になって3ds Max本体に組み込まれたらしいですね.

人型のボーンを設定するのには,Bipedを使うと良いと書いてありましたので, ここは素直に従っておくことにしました.

最初はひとつひとつボーンを付けていこうとしたんですが,無理でした.

スキンモデファイヤで,関連づけをします

埋め込んだボーンと,各頂点が対応するように「スキン」モデファイヤを設定しなさい. と本に書いてありましたので,その通り進めました.

体などはまだ制作途中で,オブジェクトに分割されていますので, 名前付き選択を使って,まとめてモデファイヤを設定することにしました.

こうすればインスタンスになりますので,ひとつのモデファイヤを変更すれば 全てのオブジェクトに設定されるはずです(そう信じています)

とりあえずボーンも設定しましたので,うごかしてみますね.

骨「こんにちは」

微動だにしないモデル.

現状では,モデファイヤの設定が悪いのだと考えています. 今度全てのオブジェクトをアタッチして,モデファイヤをひとつにして試してみます.

もしかして「ボーン」に「スキン」モデファイヤを設定するのかな?

なにか良い方法があったらコメントで教えてください.

さて撮影の三浦さんも,髪の毛のモデリングの最中です.

今回のキャラクターはなぜかおかっぱなのですが, そこにもまた問題がありました. (おかっぱ自体は問題ないんですよ,かわいいし)

これです.

上の画像はまだ試作中のものですが,形状は分かると思います. 今回試作しているモデルでは,サブディビジョンサーフェスをつかって面を分割することで,滑らかに見せています.

出来るだけ少ないポリゴンで構成しておかないと,アニメートなどその後の工程が大変になりそうでしたので.

しかしここで,問題発生.

あれれ,前髪が丸まってしまった.

綺麗に補完してくれるものですから, 毛先も綺麗に丸まってしまいました.

ここで「折り目」機能を使うらしい,ということは分かっていましたので, あとはその設定方法を見つけるだけです. あの膨大なメニューから.

ありました.

この入力ボックス,デフォルトで無効化されていました. 「エッジ」オブジェクトレベルで,ようやく解放されるんですね.

ヘルプを見たら書いてありました.

前髪だけ,試しに折り目を設定してみました.

なるほど前よりもぱりっとした印象です. まだ髪の毛は制作途中ですので,モデリングが終わり次第折り目を設定して, 良い感じに仕立て上げたいと思います.

さて,今までの試作モデルに足りないものは表情でした.

無表情も良いですが,やっぱりもっと明るい表情にしたいと思っていました. 実際に動画を作る場合も,顔を変化させられないことにはお話になりませんしね.

体の制御にはBipedを使って,ボーンを組み込んでいました. 顔の制御にはモーフというものを使うことにしました.

少し表情を変化させたモーフターゲットを用意して,モーファーを設定しました.

顔のオブジェクトを複製して,モーフターゲットを作ったまでは良かったのですが, なぜかモーフターゲットとして設定できずに悩んでいました.

どうやら,元になるオブジェクトとモーフターゲットの両方に「メッシュスムーズ」のモデファイヤを設定していたことが原因のようです. このモデファイヤを集約しましたら,ちゃんとターゲットに設定できました.

表情をブレンドして,すこし柔らかい雰囲気に.

まだモーフターゲットが少ないですので,当面の間これを増やしていかないとなりません. 手元の資料などみますと,なにやら30以上のモーフターゲットがあることがわかります.

この数を頑張って作れというのでしょうか. なんと大変な.

この本がトモダチ.

また明日も頑張ります.

本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.