すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

3dsmaxの画面から見てる感じ

どうも、撮影担当の三浦です。撮影するはずだった。 私の不徳のなすところですわ。モデリングェ・・・。

モデリングに限らずみんな各々詰まっていたりしますけどね。

例1:藤田ニキの行っているリギング

某ミカドかな?

面を上げようとしたらその動きに顔が追従せず、顎が取り残されたという例。

↑これはたぶん、体を移動しようとしたら・・・

ついてこい、まゆげ。ボーンにくっついていなかったみたいですね。 まあ、藤田ニキの場合完全に本人のせいでミスっているということも多々ありますけどもね。 よくある「なにもしてない」が「実はなんかしてた」なんていうパターンです。 触っちゃいけないところを触っていたりとかね。

例2:詰まってたけど光明が差した田野ニキの例。

独立可変式第マルサンヒトヨン式眉毛。

最近フェイシャルモーフが設定されて表情が動くようになったんですが「まゆげ」がそれに追従しませんでした。今日はめでたくその「まゆげ」を任意に動かせるようになりました。 これでようやくまともな表情が出せますね。 しかしその過程には山あり谷ありでした・・・。

ルックアットコンストレイントの設定中。かなり雑に説明すると眼球の動きを制限する設定。 たとえば目がばらばらに動くと怖いですよね?作業の一つとしてはそんなことが起きないようにします。 んですが・・・

ギョロッ
ヒエッ

視線を左に向けたら顔面が崩壊しました。多分、二個で一セットになっている眼球の中心の位置がおかしかったのではないかと勝手に想像。

あと、私か勝手に思う「3DCG」の挫折点そのいち。 作業途中はマジでホラー。もはや生物ではない。目だけを見たい場合仕方がないんですけどね。

そんな恐怖を乗り越え「まゆげ」を設定。

なにをやっているのかというと雑にいうと「まゆげ」を操作するための「レバー」に類するサムシングを設定しています。最初はなんかもにょもにょしてましたが・・・

動いた!!.png

動きました。

いぇーい。
 
例3:一方のわたくし
 
 
果報は寝て待て(4分)。おいしかった。焼き豚が石のように硬かったけど。早すぎたんだ、戻ってやがらねえ。
一応、ありしときの作業風景を中澤ニキが撮っていてくれました。多少は名誉が守られそうだ(下衆笑)
一応こんな具合にはなりました。完全に頭の側頭部を刈り込んでるチンピラ。
あと個人的には主線の出かたが気に入りません。髪束同士を干渉させてあれこれしようとしてるんですがこれ管理が面倒臭そうじゃなイカ?
それにしてもまあ、この人のしょっぱい顔といったらもう、爆笑を禁じえませんね。
目薬失敗してるし薬飲み忘れてたりするし。
花粉症ってつらいんですね。まあ、僕ァ関係ないですがね。
最近変な顔の写真しかない碓井氏。
まぁ、作業が我々のシステム周りのことでうかつにスクショも載せられんので妥当っちゃあ妥当ですが変なところで彼の名誉が堕ちてしまわないか心配です。
???
 
いったいいつの写真なんでしょう。ちなみに音楽的な作業をしているかどうかはわかりません。なにせ今日は私は遅刻組なので。
神に誓って言いますが寝坊じゃないですよ。マジと書いてマジ。
まあ、なんか重要な帳簿つけたりしてたんですごいことしてたんでしょう。
なんかごはん恵んでもらってましたけどね。財布がいかに軽くてもこの人が持っている余裕はなんなんでしょうか。
なんというか、
Q:スケジュール的にこの進捗で大丈夫なのか?
 
 
 
 
 
可変式眉毛:ミツウラ工業製を装備するわたくしによる番外編
いがいとむきむきことガジュマルさんハウスが大破しました。いわく、服にひっかけてしまい、非業の落下を遂げたらしいです。
どうやらガジュマルハウスはガジュマルほどには頑強ではなかったようです。
いちおう仮の住まいを設けるということになったのですが
中澤ニキの警告もむなしく忘れてました!
バカね

本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.