すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

フェイシャル大詰め

かわいい!

こんばんは,ゴルゴンゾーラ制作部の田野です. ちょっと言い回し変えてみました(いつもは動画の田野です,といいます)

制作部という言葉の響きって,何と無くかっこいいですよね.

さて冒頭の画像ですが,微調整後の顔です. 何が変わったのか,いまいち分かりづらいですので, 調整前の画像もみてみましょう.

だいぶ違いますよね.

ちなみにこの画像は2月13日付のものです. ちょうどモデルを再構成する前のものになります. (記事「黄昏時のオレたちクールガイ Max !!」)

思ったところに主線が出なかったり,影が狙ったとおりに落ちなかったり,大変苦労していました. 今でももちろん完全に狙い通りのものが書き出せるかというと,微妙なところですが.

まるで別人です.(モデルを1度作り直していますので確かに別人です)

今回のポイントは「眼と鼻」です. もちろん耳の大きさや角度から,肌のマテリアルまで全てに手を加えましたが,メインは眼です.

並べてみるとよく分かりますが,眼の顔に占める大きさが変わっています. また,併せて鼻の位置も下がっていることがわかります.

顔のポリゴンもだいぶ整理しました.

鼻のラインは「折り目」を使って出力しています. 2月13日の時点ではこの「折り目」が線として出力されるという事実はまだ知らなかったはずです. なので,鼻のラインはポリゴンを使って出しています.

この折り目も,最初は「メッシュスムーズ」モディファイヤで設定していたのですが,情報によると「編集可能ポリゴン」の「エッジを編集」ロールアウトから設定するものらしいですね.

なんとこんな所にありました.

メッシュスムーズをインスタンスとして使用したい場合,モディファイヤで折り目を設定していると,すこし気を遣ってやる必要が出てしまいます. なにせ,折り目などの情報がメッシュスムーズに保存されていますから,単純に再利用などとはいかないわけです.

編集可能ポリゴンのエッジで設定しておけば,メッシュスムーズの再利用もたやすくなります.

ラインの設定も見直しました.

2月の終わりまでは,出したいところに線が出ず,出てほしくないところに線が出てくるという繰り返しでした. また線の太さや入り抜きもまだ未調整で,綺麗な線とはほど遠いものでした.

ライン調整中

1日がかりで調整し,ようやくそれらしい線を出すことが出来ました. オプションが多いのと,説明が少ないので,大変苦労しましたが成果は大きかったです.

ちょっと前のモデル.線が途中で途切れてしまったりしています.

可能な限り均一で,でも強弱の感じられる線って難しいですよね. 描くのはもちろん,出力するのも.

最近思っているのですが,ここまで来ますと,もはや描くより可愛いのではないでしょうか.

なかなか思ったような感じにはなりませんが,それなりにまとまっている印象があります. モデルの崩れはありますが,デッサンの狂いよりはましな印象です.

さて,明日は三浦さんが髪の毛を完成させてくれるはずです.

あとは髪の毛を含めた微調整だけです. そろそろ本格的に表情を付けたりしたいところですが,今週末までに間に合うのか心配になってきました.

今日は早く寝て,明日に備えようと思います.

本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.