すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

【モデリング】ヘスティアの顔を作ろう①

スクリーンショット (50)

どうも動画の田野です.

先日,何を思ったかヘスティア様作っていましたが,今日はその話です. この話,温存しておいたのは正解でしたね. みなさんがお休みの月曜日と木曜日は僕の担当ですので,自分の担当日にどれだけ書きやすいネタを持っておくかが決め手となるわけです.

IMG_20150417_214157

さて,僕はヘスティア様のフェイシャルを作りました.

もちろんゼロからモデリングをしたわけではなく,もともと試験用に作ってあったモデルを編集して作りました. 今日は,その過程を追いながら,いくつか気がついたポイントについてまとめてみようと思います.

スタート

まずはここからスタートです.

このモデルは試験モデルの最新版ですね. 基本的に全部のモデルは半分だけ作られていて,そこに「シンメトリ」モディファイヤを設定することで両側が描画されています.

両側ある

片側だけしかなくても,こんな感じになります.

顔のポリゴンが意外と少なめだと感じられますが,ここは「ターボスムーズ」を使うことで補完しています. このターボスムーズは,処理の反復数を設定できるのですが,調子に乗って反復7とか設定すると,すばらしい表示になります.

スクリーンショット (41)

3ds Max「じゃあな」

そりゃそうですね. ちなみにレンダリングを連打してもこうなることがあります. (※まさに連打リングですね!)

P1030349

話を戻しましょう.

参考用の資料(Google画像検索です)をみますと,すこし眼の位置を整えた方が良さそうな気がしてきましたので,まずは眼の形を修正してしまいます.

眼の大きさを編集

ソフト選択を上手く使うと,手早く形を整えられます.

眼を少し縦長にしておきました. 元々のモデルだと,まんまるでしたからね.

バランスを整えましたので,まぶたのラインに着手することにします. 上の黒い太い線は「上まぶた」の線なんですよ.まつげ兼用ですが.

CC4TQpRWAAMbR9O

 

このような緻密美麗極まりない絵を描いていた経験から,キャラクターの印象のほぼ5割ほどは「まぶた」のデザインで決まると分かっています.

ですので,まずは完成度を簡単に上げられる「まぶた」から編集開始です.

まぶた整形中

簡単そうな目尻から始めました.

このまつげのライン(心の中では「第1とげとげ」「第2とげとげ」と呼んでいます)は出すのにコツがいります. ターボスムーズによって,モデルの頂点が補完されて滑らかに描画されるわけですが,何もせずに出っ張りだけ作っていると,先が丸まってしまうわけです.

話すと長いので,また今度詳細をお話しすることにします. (※これで木曜日も内容に困らなくて済みますね!)

上まぶた途中

目尻がだいたい終わりましたので,目頭に着手しました.

目頭って,なんかトゲトゲがいっぱい付いているんですよ. 面倒なんですが,今回は三つトゲトゲを付けておくことにします.設定資料だとどうも3つのようでしたので.

スクリーンショット (21)

そして無情の死である.

コンピュータに慣れていない人の特徴で「何もしてないのに壊れた」とよく言われていますが,本当に何もしてないのに落ちるわけです.

下まつげ

落ちる直前には,下まつげを作っていました.

「元に戻す」コマンドを連続で使っていると落ちる感覚があります. 確かなことは言えませんが,要所要所でこまめに保存するのが一番ですね.

眼完成

ということで,眼が完成しました.

ポリゴンの流れを変えるために,いくつか編集しましたが,大部分は流用と修正の範疇に収まりましたので,簡単に完成させることができました.

ちょっと滑らかさが足りないように見て取れますが,書き出すと滑らかになります.

ライン設定

ちょっとラインシェーダの設定をいじって,変なところに線が出ないようにします.

マテリアルやオブジェクトごとに,ラインを出すかどうかなどを設定できますので,まゆげやまぶたなどは,ラインを出さないグループに登録しておきます.

しかしマテリアル名がひどいですね. 名前がデフォルトのままのマテリアルは使用されていないはずなので,消してしまえば良いのですが「触らぬ神に祟りなし」です. そのうちマテリアルを整理することにしましょう.

ほぼ完成

現時点でどうなっているか,見てみますとこのような感じです.

われながら,なかなか上手に出来た気がします. 確認用に,瞳のUVWマップをいじって,眼の縦横比をそれっぽくしていました.

瞳はテクスチャーを貼り込んでいますので,最後にここを仕上げてしまいましょう.

eye_hestia_1M

テクスチャーはこんな感じにしてみました.

なんか眼に影が入っている感じだったので,テクスチャにも影を書き込んでしまいました.よく見てみると雑な印象が拭えませんが,まあこの程度で十分です.

スクリーンショット (29)

最後に鼻や口の位置を調整して,完成しました.

さりげなく輪郭も調整していますが,頂点を一生懸命ずらすという地味な作業でしたので,スクリーンショットがありませんでした. テクスチャを変更するだけで,結構それっぽく仕上がるものです.

スクリーンショット (48)

結構ざっくりとした感じでしたが,こうしてヘスティア様のフェイシャルは出来上がったのでした.

スクリーンショット 2015-04-20 20.16.19

まあ「顔が変」ってダメ出しされたんですがね.

P1030349

 

本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.