読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

そうだ服を作ろう

funeral pinafore

どうも動画の田野です. (アンドル=ドラゴンです.今日も連合の犬どもを燃やし尽くすぜ)

梅雨も明け,猛暑が続く毎日ですが,いかがお過ごしでしょうか? 東京にも台風が接近していて,久々に大荒れの天候となりそうです.

さて今日は,先日のブログにて紹介されました,主人公ユニの新しい服装について取り上げます.本来ならば設定から服装をモデリングしていきますが,今回は設定を飛ばしてラフモデルを作りました.

アンドルの遺産なるほど良い感じですね.

上の画像は藤田さんがセットアップを済ませた後のものです. 動かしてポーズを取らせると,それらしさが増すような気がします.

では,ここに至るまでの3時間を振り返ります.

先日のスチール用の服ベースになるオブジェクトには,先日の服モデルを採用です.

最初から作りますと,非常に時間がかかりますので,流用できるところは全て流用していきます. この服は,先日作成したスチールで使用したモデルの服装ですね.モデリングをしたのは三浦さんです.

マテリアル変更まずはマテリアルを編集して,服を黒にします.

黒にすると,エッジの表示が見やすくなりますね.マテリアルを白にすると,ほとんど何も見えなくなって作業がしづらいです.

オブジェクトを眺めていると,肩のラインが気になりますので,すこし形を整えます.

ボブターボスムーズの適応を考えて,少し大げさに形を作ります.

余談ですが,この肩の部分「ボブ」って呼んでいる同級生がいました. 中学生の頃の話ですが,あの語源って何でしょうか?やっぱりボブサップかな?

襟を追加別のモデルデータから襟を拝借してきました.

こういったパーツの流用が出来るのは,3Dの素晴らしいところですね. 試作のスピードが格段に上がります.

ついでに,今回作る服は「エプロンドレス(?)」ですので,不要になる旨のボタンも削除しておきました.

エプロン作りますということで,今回の肝になるエプロンの作成に入ります.

こちらも身体のジオメトリを複製して,形を整えていきます. 今回作成するのはビブエプロンというもので,首で回して留める形のものです. インターネットで画像を検索しつつ,作っていきます.

首回し首の部分です.できる限り既存のポリゴンを流用していきます.

既存のポリゴンを使うことで,他のオブジェクトと形が合わせやすくなります. スムージングをかけた後の形の調整や,セットアップが楽になりますよね.

オブジェクトのカラーをすぐに黒に戻しました. やはり見づらかったです.

エプロンの形を整える横の部分の形を綺麗に出すために,適宜折り目をエッジに付けていきます.

このまま何もしないと,エッジが丸まるので,変な形になってしまいます. 形状をぱりっとさせるため,ターボスムーズを適用したり解除したりしながら,最適な折り目を探します.

内側にいる!大方形が出来たので,下の服を表示してみましたが酷いですね.

ターボスムーズがかかると,オブジェクトが少し小さくなるので,ここから更に形を整えていく必要があります. 服より少し大きくしたつもりでしたが,更に服の方が一枚上手だったようです(?)

大きくしました大まかな形をスケールで整えつつ,頂点をずらすことで修正します.

先ほど服を黒くしておきましたので,エプロンの白が映えますね. 少し形が悪いので,修正しておきましょう.

形を整えました少しポリゴンを削除したり,新しく追加しました.

胸に沿った外郭の曲線を出す事にこだわりましたが,わりかし大変でした. 構造的には直線ですが,女の子らしさということで,外に凸の曲線になるように工夫しました.

エプロンの横胸の曲線に合わせて,アーチ状に頂点を配置しました.

正面からの配置を確認しつつ,頂点を動かす作業は意外と楽しかったです.大変でしたが.これで,エプロンの上部分はほぼ完成しましたので,下の部分に取りかかります.

余談ですが,上下を覆う「ビブエプロン」の他にも,腰から下を覆う「ウェストエプロン」というものがあるそうです.エプロン道は奥が深いですね.

ウェスト腰巻きの一番下の部分を延長します.

一度Shift + ドラッグでポリゴンを延長した後,スケールで下辺だけサイズを拡張するとこのような形になります.すでにほぼエプロン.

エプロン概形更に頂点を追加し,形を整えました.

こういった場合,クイックスライスで一気に面を切断できるのはとても良いですね. もっと頂点数を増やしても良かったのですが,頂点が増えれば増えるほど,後々調整が難しくなりますのでこらえます.

スカートズレている次は,スカートを整えます.

元々のスカートは今回の服には長すぎましたので,スケールを使って少し短くしておきます.あまり短くしすぎると,それはそれで問題なのでほどほどに.

スカートOK位置を調整し,形をエプロンに沿わせて整えました.

喫茶店とかに居そうな感じがします. 何でエプロン付けてるの?という質問はしないでください.かわいいからそういうファッションです.

リボン装着あった方がかわいいので,リボンも付けます.

このオブジェクトも,上手く直線を出す為に適宜折り目を付けていきます. リボンの原型も,他のモデルから借用してきます.ただ,リボンが伸びている部分がありませんでしたので,そこだけ付け加えました.

腰リボン完成腰の柔らかな曲線に沿わせるように,形を調整して配置します.

思ったよりも良い感じのリボンが出来ましたので,これを使って襟にアクセントをくわえましょう.

チョーク胸の部分が全て白でしたので,黒いリボンを付け足すことで締まりがでました.

下に着ているワンピースも,少し形を整えています. ウェスト部分を大きく上に持ってきましたので,よりアニメらしい体型になりました.

色つけ胸の部分の色を変更しておきます.

基本はポリゴンの流れを変更せず,頂点を移動し,折り目を付けていくことで狙った形を出していきます. 地味ですが,ココの白とエプロンの白は色が違います.微妙なこだわりです.

パーニエパニエを付け加えました.

スカートを膨らませるための補助スカートですね(?) 形はほとんど同じですので,スカートをそのまま複製して,大きさを変更して対応します.少しスカートの裏から覗かせるように,回転してあります.

マテリアルラインあとはマテリアルでラインを作っていきます.

クイックスライスで面を作って,そこに別マテリアルで色を差していきます. 本当はもっとたくさんラインを入れたいのですが,あくまでもラフモデルなので,適当なところで留め置きます.

脇道にそれますが,遙か遡って数ヶ月前に作ったヘスティアのモデルから,マテリアルに変更はありませんでした. そのため,マテリアルブラウザをよく見ると「bell」であったり「bell_ac」といった名前が見て取れます.これはヘスティアの髪飾りのことです.

袖を作る袖を少し伸ばして,袖を付けました.

この長さの袖って,何というのでしょうか? やはり半袖なのでしょうか. (ファッションは難しいですね)

ヘアチャーム最後にリボン流用して,髪飾りも作っておきましょう.

特に意味は無いですが,時間も余りましたので. さらにかわいくなりましたね.

uni_funeral_front試しにレンダリングしてみました.

まだラフの段階ですが,だいぶ雰囲気が出てきましたね. このラフモデルを基にして,実際の絵を作っていくことになります.

予定では今週末から,動画に入りますので(遅い!)これから更に面白い更新が出来るかなと思います. お楽しみにお待ちください.

aica_pinafore_dressl_front実は同じ要領で,アイカも服を作っていました(!)

こちらも同じ手順だったので,詳細は省きます. まだセットアップが終わっていないので動きませんが,楽しい画になりそうです.

声も届き初め,効果音の選定も始まっています.もうマスターアップまで3週間を切っていますが,果たして間に合うのか,ご注目ください.

明日も頑張ります.

本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.