すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

今日の途中下車 〜鶴見線・海芝浦駅〜

本日の途中下車〜鶴見線・海芝浦駅〜

ドーモ、ミナ=サン。音響の中澤です。

本日は予定を変更して途中下車シリーズ第2弾をお送りしたいと思います。 本日訪れたのは、またしても鶴見線で有名なあの駅です。

ちなみに本日のゴルゴンゾーラは……

P1030926_R

……あれ……記憶が……おかしく。。。。。。

しゃぶしゃぶ…… アニメート…… げんこぅ…… かゆい…… うま…… ……

『森の奥停留場』をご存知でしょうか。

森の奥停留場

私たちゴルゴンゾーラが初めて世に出したアニメーション作品のことです。 ざっくりいいますと、前々作で私達が制作したほのぼのショートアニメーション。 この作品は、この絵で見て分かる通り湖畔ギリギリに建つ駅が舞台の物語になっています。 「なにもこんなに水際が近い駅は実際にないだろう……」と思った皆さん。 実はあるんです。意外と東京に近いところに。

それでは行ってみましょう

海芝浦行き

本日も鶴見駅から鶴見線に乗ってその駅まで行きたいと思います。 乗り込んでおおよそ10分ほどで終着駅でもあるこの駅に到着です。ここまで行く途中に前回行きました『国道駅』があります。

なんだこれ ちなみに鶴見駅を出てすぐのところに駅の跡地っぽいものがあります。 なんでも戦中までは利用されていた駅のようです。

ガラガラ

短い路線ですが、利用者はほとんどおらずガラガラです。 理由があるのですがそれはあとで。

そして到着

P1030822 到着しました。こちらが海芝浦駅でございます。 どうでしょうか。海面がもうすぐそこにきています。 奥に見える橋は鶴見つばさ橋というらしいです。横浜ベイブリッジだと思っていたんですが違いましたね。

さあ駅の中を探索してみましょう。

駅を歩こう

P1030821 こんなかんじの駅になっております。 京浜工業地帯の中を走る鶴見線らしく、周りには煙突や工場、海(正確には運河のようです)には貨物船らしき大きな船が時々航行するだけ。 非常にのんびりしたところです。

P1030804 ロケーションが良いためか、公園が駅に隣接しています。

P1030805 公園からの景色はこんな感じ。 奥の方には(今度こそ本物の)横浜ベイブリッジが見えてます。

P1030814 実はこの駅、この景色の展望が理由で『関東の駅百選』の一つに選ばれています。 海沿いのせいか看板錆びちゃってますけど。

工場の中にある駅

P1030803 さらに言うとこの駅は、ほぼこの辺りにある東芝工場のためにあるため、なにもなく来た人は降りることが出来ません。

もちろん私も駅の外にでることは出来ません。 昔は本当に駅と工場しかなかったらしいですが、さすがにもったいないと思ったのか上で触れた公園を作ってそこだけは一般の人達にも開放したそうです。 展望がこんなかんじなので夜景も綺麗なんだろうなあ……帰宅が遅くなりすぎるのでその時間まではいられませんが。

P1030813 門に警備員さんはいますが駅員さんはいません。 昔はこれで入出場をしていたようですね。 今はSuicaをタッチするタイプの簡易改札機が設置してあります。ちなみにこの駅につくまでにも運賃は発生していますのでしっかり出場と入場をしてから散策してくださいね! お兄さんとの約束だよ!!

P1030831

電車から出ようとするとほんとに真ん前に海が見えてしまうこの景色。 きっとわかばさん(『森の奥停留場』の登場人物です!)たちが暮らす駅もこんなかんじだったのではないでしょうか。 以前制作した作品ではありますが、また少し愛着が湧いてきた気がします。

スクリーンショット 2015-08-10 2.05.57 そんな『森の奥停留場』の制作秘話をまとめた本が現在発売中です!

本編映像は残念ながら完売してしまいましたが、本編映像の制作のために使用した資料がふんだんに掲載されています。 良かったらご覧になってください。 試し読み、購入は下記URLから! https://gorgonezola.stores.jp/#!/items/5493c493c0801346cb00038c

……なぜか宣伝で終わってしまいました。 さて、次はどこへ行きましょうか……

おわり −−−−−− STG

本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.