読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

これで宇宙ネコも安泰やな

森の奥 どうも、撮影担当の三浦です。今日は打ち合わせの日、あんまりおもしろいネタがありません。 でもって時間的余力が微妙なので森の奥の再撮影も断念します。無念。でも使い損ねの壁紙もどきがあるので使っちゃいます。 初めに申しあげておきますが本文とは全く関係がありません。

さて。上記の通り、打ち合わせの日でした。ただ、私は少々来るのが遅いというかビリだったので私が来るより前にもちょっと打ち合わせをしていたようですね。

P1040208_R このひとと

P1040207_R このひとと

P1040210_R このひとたちが。どうやら音楽の話だったらしいです。我々も次回作のための用意がいりますしね。つもり話もありますよ。

そして私を交えての打ち合わせ。

P1040205_R

チョリーッス↑↑

こういうときは何が困るって打ち合わせの内容を全く書けないところ。おかげでもんやりした記事になってしまいます。 というわけで今日のブログは私の頭に生えているユニットの話にします。

公式サイトより引用 カンの言い方はお気づきでしょうがいつだったかちょっとした話題をかもしだしたネコミミヘッドホン、「AXENT WEAR」です。

上の写真の通り私がいきなりこれを付けて入ってきたので音楽の打ち合わせはブチ子合わされ気味になったそうな。

田野:「ざわさん、もう一回再生して・・・

P1040211_R 中澤さんがつけるとこんな感じ。野郎がつけてもとくにかわいくはないですね。 こんなヘッドホンを最速かどうかはしりませんがプチレビューします。というか雑感。写真は撮りなおすのめんどくさいのでいまあるぶんで。 というわけでまず外観から。

WP_20151026_20_37_07_Pro_R 普通のヘッドホンを比べるとこんな感じ。全体のデカさはそう変わらないですが頭を収める部分は少々小ぶりです。ここ、なんていうんでしょうね。 ホントはヘッドホン持ってないなぁとおもい購入を決めたんですが部屋の奥のほうに左の奴(2000円くらい)があるの忘れてました。後述しますが昨日もほぼ一緒です。

WP_20151026_20_39_02_Pro_R WP_20151026_20_39_11_Pro_R

 

 

 

 

写真左 これは右側のレシーバ?の部分。上からスピーカー機能、ライト機能、ボリューム上下のボタンがあり、その中央には充電用のmicroUSB端子がついています。

写真右 左側には通常の3.5㎜ヘッドホン端子とマイク端子がついています。

なお、充電式なのでBluetoothヘッドホンなのか?と思われるかもしれませんがその機能はありません。ライト機能やらのための充電力ってやつですね。

WP_20151026_20_39_42_Pro_R ライトを消すとこんな感じ。明るい空間だとそんなでもないですが夜道だとすげえ目立ちます。当然ですね。

WP_20151026_20_57_14_Pro_R 頭頂部のところには「AXENT WEAR」の刻印があります。

WP_20151026_20_57_58_Pro_R

耳の部分にはライトとスピーカーが内蔵されています。スピーカーの質はまずまずで首にかけながら使うとなかなかの立体感めいたものがありました。 公式でいうところの「音楽をシェア」するのがどうかはなんともいえないですがまああるだけ便利かもしれません。後述しますが結構こいつを使っていると頭がつかれるので・・・。

WP_20151026_20_42_55_Pro_R WP_20151026_20_43_33_Pro_R

 

 

 

 

なぜか開発途中で追加されたマイク。使ってないのでどの程度の能力があるかはわかりません。 ただ、伸縮機能はないですが十分な柔軟性と長さがあるので声がこもることはなさそうです。 ちなみにいつも使っているヘッドホンにも取り外せないですがマイクがついています。割と、ネコミミ不要説あった。

WP_20151026_20_47_58_Pro_R ヘッドホンの刻印「X」のちょうど上で7段階のクリック伸縮ができます。ただ、先ほど上でもちらっと書きましたが頭部を収める部分が比較的小ぶりなのでクリック感があるものよりは無段階の調整ができるやつのが良かったかも。

WP_20151026_20_48_47_Pro_R WP_20151026_20_49_52_Pro_R

 

 

 

X」の刻印の下には後ろへ90度スイングする関節と内側へスイングする関節の二つがあります。

WP_20151026_20_55_25_Pro_R ただ、こういうギミックのあるヘッドホン特有の問題ですが髪の毛をクソ巻き込みます。毛の根元の組織ごともってかれてました。クソ痛いです。私のように髪の毛ぼーぼーのやつとか、髪の長い女性はなかなか苦労するのではないでしょうか。

WP_20151026_21_00_07_Pro_R WP_20151026_21_00_44_Pro_R

 

 

 

 

重量の比較。左がネコミミで右が私がいつも使っているの。 個人によって変わりますがヘッドホンはおおむね250グラムを超えたあたりから「ちょい重」とかといわれ始めますのでネコミミちゃんの453グラムは超重量級の分類になりますね。重さが気になるとよく言われるビクターの高コスパヘッドホン「HP-RX900」でも350グラムなのでぶっちぎりです。 この重量が結構なクセモノで・・・

WP_20151026_20_56_24_Pro_R イヤーパッドの比較。左と比べるとネコミミちゃんは大きいですがドーナツの形が楕円形になっているため私の耳だと端っこが微妙に押しつぶされ、本体の超重量と合わさってすごく疲れます。 ネコミミがついている都合上頭頂部のフレームが非常に頑強なので頭も締め上げられるので装着感はなんともいえないところ。まあ、そのうちこなれるでしょうが。

ただ、パットの部分の高級感には目を見張るものがありました。かなり柔らかくふかふかしていて、それでかつ適度な反発を持っています。私はオーディオ界隈の人間じゃないのでアレですが私が触ったヘッドホンの中では一番のさわり心地でした。

WP_20151026_20_50_41_Pro_R WP_20151026_20_50_51_Pro_R WP_20151026_20_51_10_Pro_R WP_20151026_20_52_33_Pro_R

 

 

 

 

 

 

 

ストライプがある以外は印字の類もない特徴のない外箱。左右に充電用のケーブルとイヤホンケーブルを入れられるのですが、地味にマイクをどこに入れるのかわかりません。適当でいいのか?

気になる音ですが、まあ普通です。普通なら書くなって話ですが普通です。 家と電車の中で使って1時間程度なので早急な判断はできませんがヘッドホンとしては平均的な解放感と音の解像度をもっているとおもいます。ただ、時たま低音域の音の抜けが悪いのかなという印象を持ちました。少なくとも、SONYのヘッドホンのような「ドンドン、シャリシャリ」という感じではないです。 そうじてヘッドホンとしては普通。もっと特筆しろし・・・。でもトーシロにはこれが限界じゃ。

以上、ネコミミヘッドホンの雑感。ホントは私個人がもっているブログの2、3年ぶりの記事にしようかと思ってたんですが今日ネタがないのでねじ込みました。私がこれをつけてる写真はまたの機会に。意外となかった。 ゴルゴンゾーラのブログは私の私的なブログ説ありますね!

でもこのヘッドホンがあるおかげでいつぞや藤田さんからメールで送られてきた「フルフェイスのヘルメットに固い耳を生やす感じで」という謎のオーダーにたいして資料と使えそうです!やったぜ!宇宙ネコも安泰じゃー!

本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.